休廊延長5月31日 ♪ホーム・スイート・ホーム♪

新型コロナウィルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の延長により、引き続き5月31日まで休廊させていただきますのでご理解の程よろしくお願いいたします。

前回のギャラリー通信ではドイツの1890年製ディスクオルゴールの音色をお届けしましたが、今回はそれよりも古い1885年に作られたスイスのメルモド・フレール社のシリンダーオルゴールの音色(※)をお届けします。

135年経ったとは思えないほどツヤのあるスイス樫で作られたオルゴールケースには、6曲入りシリンダーが3本付いていて、シリンダーを交換することで全18曲を奏でることができます。1本のシリンダー製作には、櫛歯を弾くピン1本1本が手作業で埋め込まれており、完成に1年から2年を要したと言われています。

先が見えないコロナ禍の中ですが、こんな時だからこそ音楽を聴いたり美術を鑑賞するというような文化的な営みが必要ではないかと思います。オルゴールの音色でわずかな時間でも心の安らぎを感じていただければ幸いです。

(※)曲名 埴生の宿(イングランド民謡)/ホーム・スイート・ホーム『楽しき我が家』


青山・里ギャラリー

アンティークオルゴールを聴きながら居心地の良い時間を♡

0コメント

  • 1000 / 1000