Vol.34 北川民次展 開催中!

テレビ番組の中で絵やオブジェを飾って、その場の雰囲気を素敵に演出しているのをよく見かけます。私は、バラエティ番組の背景に面白い作品をよく見つけますが、ついつい欲しくなって、その作品や作者について調べたりしてしまいます。

私たちは、学校や職場など日常生活の中でいろいろなことを学びます。「学ぶとは、好きなことを見つけることかもしれない」と言った方がおられましたが、一生のうちに好きなこと、夢中になれることを見つけることができた人は幸せです。

絵画やアンティークでも、自分が魅了される作品に出会って身近に置いて楽しむことができるのは幸せなことです。

北川民次も児童画教育に魅了されメキシコ美術の発展に貢献した画家です。民次が1931年代にメキシコのタスコ野外美術学校長をしていた頃には、藤田嗣治や国吉康雄、イサム・ノグチといった著名なアーティストが彼の元を訪れているほどです。1950年代後半には愛知県瀬戸市にアトリエを置き陶器の町の現風景を描いています。

民次の作品は、名古屋市美術館に《トラルパム霊園のお祭り》が常設展示されているほかに、瀬戸市の「瀬戸蔵」や名古屋市中区の「カゴメ名古屋本社ビル」と「CBC会館」などでモザイク壁画を見ることもできます。

民次の絵は、働く人を描くなど社会性もあり一見してかなり個性的です。初めは馴染めないかも知れませんが見ているうちに魅了され、いつの間にか虜になってしまうほど、その生き様や絵を通じて民次から学ぶことはたくさんあります。

先日、NHKの日曜美術館で今年没後30年を記念して「絵画は社会を変える~反骨の画家・北川民次~」が放送されました。

青山・里ギャラリーでは、所蔵品による企画展!第四弾として【没後30年 北川民次 展】を開催中です! ぜひ、民次の世界から何かを学びに来てください。

『写真は、1935年作 Reposo(休息)石材ボードに油彩 12P 』 

青山・里ギャラリー

アンティークオルゴールを聴きながら居心地の良い時間を♡

0コメント

  • 1000 / 1000