Vol.28 ルオーと藤田 対照的な線

今年は台風や地震などの自然災害が多く各地で被害が出ていますがお変わりございませんでしょうか。

さて、青山・里ギャラリー所蔵品による企画展【ジョルジュ・ルオーと藤田嗣治(レオナール・フジタ)版画展】も1ヶ月が過ぎ、お客様の反応もまずまずです。

これまで明るい作品を多く展示していたギャラリーの雰囲気がルオー作品によって一変してモノクロームの世界となり、従前と比べると展示スペースが広く感じられて落ち着いた雰囲気になりました。そこに少なからずルオーの影響を受けた梅原龍三郎や中川一政の軽快な絵が華を添えています。

太く重厚な線で描かれたルオーのミゼレーレと対峙すると、静かに自己の内面と向き合うことができるような気がして心が浄化された気分になるのは私だけでしょうか。

一方、藤田嗣治の挿画本の絵はさらっと描いているように見えますが、銅板・木版・ポショワールなど版画技法が多種多様でクオリティの高い藤田の手仕事が垣間見えます。また、人々の生活や絵の中に登場する猫の仕草が、細い線で生き生きと描かれていて思わず微笑んでしまうほど愉快です。

東京都美術館で開催中の「没後50年 藤田嗣治展」も10月8日までと会期もあと僅か、その後京都国立近代美術館へと巡回します。質・量ともに過去最大規模の回顧展となり藤田嗣治ファンにとっても初めて藤田作品を観る人にとっても楽しめる構成になっています。

芸術に触れるには絶好の季節の到来です。まだお見えになっていない方は早めにギャラリーを覗いてみてください。一見の価値ありです!

青山・里ギャラリー

アンティークオルゴールを聴きながら居心地の良い時間を♡

0コメント

  • 1000 / 1000