Vol.16 ラフルスキーの油彩

美術館で気になる絵を見つけたとき、どうしてこの絵に惹かれ るのだろうって考えたことはありませんか。 アンティークショップでお気に入りの小物を手にしたとき、これま でにないぬくもりを感じたことはありませんか。

恰好よくこじつけて説明しようと思えばできないわけではないけれ ど、本当の理由は、自分でもわからないものです。無意識のなかに ある自分が惹かれているのだから説明のしようがないのです。

生まれ育った環境も、持って生まれた感性も人それぞれです。自身の感性の赴くままに自由にアートを楽しめたら、きっと、新しい自分を見つけることができると思います。

11月に入りギャラリーの柿が甘〜く実りました。タイミングよくご来店いただければ自然の恵みを味わっていただけるかもしれません。

今月の一押しは、ロルフ・ラフルスキーの油彩 リュクサンブール公園の風景画です。青い空に映える宮殿、緑豊かな樹々、庭園の花壇には色とりどりの花。おもいおもいにくつろぐ人々はさりげなく描かれ、パリのある日の光景を垣間見ることができます。伝わってくる空気感も油彩ならでは!ぜひ観ていただきたい作品です。

芸術の秋に相応しく、あちらこちらで魅力的な展覧会が目白押しです。『ジャコメッティ展』『パリ♡グラフィックーロートレックとアートになった版画・ポスター展』『シャガール三次元の世界展』‥などなど。当ギャラリーでもその片鱗に触れていただくことができます。

寒い冬が来る前に心が温かくなる一品に出逢ってみてください。

青山・里ギャラリー

アンティークオルゴールを聴きながら居心地の良い時間を♡

0コメント

  • 1000 / 1000