gureko

記事一覧(53)

Vol.21 五風十雨 クマガイモリカズ

「蟻は左の2番目の足から歩き出す」これは、晩年の画家 熊谷守一が地面に頬杖をつきながら蟻の歩き方を幾年も見て発見したことです。二十代から熊谷守一を仙人のように崇めていた私は、これを知った頃に、毎日蟻を見ていましたが未だに守一の域に達せずわかりません。もう終わってしまいましたが、先月まで東京国立近代美術館で「熊谷守一 生きるよろこび」と題した没後40年の展覧会が開かれていました。また、2月には記念番組もテレビ放映されていました。そして今年5月、いよいよ山﨑 努 主演の映画「モリのいる場所」が公開されます。熊谷守一の絵画は、幼子が描いたような線と色で簡潔に表現されています。自らが持ち運びやすいように小振りの板に描いた作品は小宇宙を思わせるスケールです。また、書は、途中で間違えたら訂正して続きを書いた作品もあるように、決して上手く書こうとしたものではなく素朴な味わいがあります。私の好きな書家の榊莫山さえも守一の域には達することが敵わないと言ったほどです。良く芸術には作者の人柄が表れると言いますが、作品一点一点に守一の尊敬できる生き様と人格のすべてが表れていて本当にすごいって思います。東京美術学校を首席で卒業した熊谷ですが、同僚に「海の幸」の作者で有名な青木繁がいます。箱根芦ノ湖をバックにうちわを持った和服姿の女性を描いた名画「湖畔」の作者でもある黒田清輝の授業でさえボイコットするほどプライドが高かった青木繁でしたが、同僚の中でただ一人一目おいていたのが熊谷守一でした。息詰まって思い悩んだときに傍らにある一点の守一作品が、何を小さなことにクヨクヨしているんだって語りかけてきます。この機会に岐阜県中津川市の「熊谷守一つけち記念館」や東京の「豊島区立熊谷守一美術館」を訪れてみてはいかがでしょうか。春うららかな季節、ぷらりとギャラリーへお立ち寄り下さい。守一作品も展示してお待ちしております。 「写真は熊谷守一の書、五風十雨です。『五日に一度風が吹き、十日に一度雨が降る。ただそれだけのことです。』と守一は言っています。」

Vol.20 ポップアート♡マリリン

皆さんよくご存じのハリウッド女優のマリリン・モンローは、ポップアートの巨匠アンディ・ウォーホルのマリリンのように絵の題材として、はたまた瀬戸ノベルティなどのフィギュアとしても登場します。マリリン・モンロー好きの私は、絵はもちろんのこと古いフィギュアなどのグッズをたくさんコレクションしています。ポップアートは1950年代半ばにイギリスで起こり、1960年代にアメリカで全盛を迎えた芸術運動で、イギリスではデヴィッド・ホックニー、アメリカではジャスパー・ジョーンズやアンディ・ウォーホル、ロイ・リキテンスタインなどが有名です。 私の好きなアーティストばかりですが、デヴィッド・ホックニーの明るく陽が射すプールや窓ぎわを描いた絵、ジャスパー・ジョーンズのアメリカ合衆国の星条旗、アンディ・ウォーホルのキャンベルスープ缶をそのまま描いたような絵、ロイ・リキテンスタインのドットで描き上げた漫画のような作品はどこかでご覧になった方もいらっしゃると思います。なかでもアンディ・ウォーホルのマリリンは、いろいろなバリエーションがあって最高です。残念ながら一番お気に入りのマリリンは、一年前にお客様のところにお嫁入りしてしまいましたが・・・。ポップアートには明るく軽快なタッチの絵が多く、壁に飾るとさり気なくお洒落なお部屋を演出してくれます。しかも、これぞ芸術って主張していないところがいいのです。あなたもお気に入りのポップアートを見つけに青山・里ギャラリーにいらしてください。「写真はスティーブ・カウフマンのマリリン(ミクストメディア版画)です。」

Vol.19 オプ・アートのヴァザルリ

皆さん「だまし絵」はお好きでしょうか? 名古屋市美術館でも2009年と2015年にだまし絵展が開催されて盛況だったようです。だまし絵は、観る者の目を欺くような仕掛けをもつ美術作品ですが、アルチンボルドのいろいろな野菜を寄せ集めて人の顔になっている絵やエッシャーの絵の上部で飛んでいる鳥が下部では魚に変わって行くような不思議な絵をご覧になった方もお見えになると思います。 抽象絵画のようなだまし絵をオプ・アートと言いますが、私は最近オプ・アートで有名なヴィクトル・ヴァザルリにはまっています。以前は気に留めなかったヴァザルリの絵が観ていて心地よく疲れた時の気分転換になるのです。ふだん何気なく飾っている絵も気付かないうちに気分を和ませていてくれたり、日常の生活のなかで絵は見る者の心に働きかけてくれています。 私どものギャラリーにもヴァザルリの1969年のシルクスクリーンがございます。パッと気持ちが明るくなるようなカラフルな作品で、観るたびに元気をもらっています。立春が近づいているとは言え、まだまだ寒い日が続きます。心が温かくなる絵を展示してご来廊をお待ちしております。「写真右側の絵が1969年のヴィクトル・ヴァザルリのシルクスクリーンです。」

Vol.18 戌年ですが・・・招き猫&ニッパー犬

明けましておめでとうございます。 今年は戌年です。このところ猫に押され気味でしたがやっと出番が来たという感じでしょうか。そんな戌年のスタートではありますが、まだまだ続く猫ブームにあやかって猫にまつわる縁起良いおめでたい話で始めたいと思います。 皆さんの家には招き猫はおりますでしょうか。そうですあの焼き物でできた招き猫です。ちなみに右手を挙げているのは金運を招き、左手を挙げているのは人を招くと言われております。ちょっと前なら神棚の横なんかにススと埃にまみれて鎮座しているのをよく見かけたものですが、今では神棚のない家も多くあまり見かけなくなりました。さて、私共のギャラリーには江戸時代末期から昭和初期の古い招き猫がたくさんおります。 現代の招き猫は顔と目が大きい二等身半ですが、古い招き猫は胴長で本物のネコによく似ていて一体一体の顔つきが非常に個性的です。大きさも8㎝くらいから24㎝くらいのものまでさまざまで、なかなか見かけない張り子の猫もおります。ギャラリーを開店してから一番お買い上げいただいた骨董品がこの招き猫です。最初に非売品?の看板猫がお嫁に行ってから何体もの招き猫が旅立って行きました。コレクターさんにお願いして譲ってもらったり、地方の骨董屋さんを廻って見つけたりと好きで集めた招き猫ばかりですので、同じような猫に二度と出会わないと思うとちょっと寂しくなりますが、お客様のところで大切にされているから後悔はありません。お値段も1万円くらいからと手頃な古い招き猫、とぼけた顔をじっと見つめていると微笑みかけてくれているようで、ほっこりとした気持ちになります。 続いて今年の主役、犬の話題です。私共のギャラリーに来ていただくと蓄音機の傍らに「His Master’s Voice」というタイトルの絵のモデルになった焼き物のニッパー犬がさり気なく置いてあるのに気付かれた方も多いと思います。 日本ビクターのトレードマークで知られるこのニッパー犬は、1884年のイギリス生まれで、いつもお客さんの脚を噛もうとしたことからニッパーという名前になったそうです。最初の飼い主のイギリス人の風景画家が亡くなった後に弟の画家が引き取り、亡き兄の声が聴こえる蓄音機を覗き込むニッパー君を描いたと言われています。そうです。ニッパー君が聴いていたのは、私共のギャラリーに置いてある録音再生可能なエジソンの蝋管式蓄音機だったようです。ディスプレイ用の大きなものから7㎝程の小さなものまで愛嬌たっぷりのニッパー君が新たなご主人様の到来をお待ちしています。お部屋のオーディオの横にちょこんと置いてノスタルジックな気持ちを味わってください。お正月は1月3日(水)より開廊しております。今年もよろしくお願い申しあげます。